本文へスキップ

新しい視点で大学に進学する University Transfer

大学へ行こう!report

大学は行くべきか?

高校3年生の終わりの大学入試に失敗した方。
その失敗とは、第一志望の大学に合格できなかったという意味でしょうか? 滑り止めの大学には合格したが、その大学では入学する意欲がわかない、という意味でしょうか? あるいは、大学進学の学科選択がうまくできず、自分が本当に学びたいコトを見つけることができず、「場当たり的」に学科を決めて受験したため、本当にこの道でいいのか分からなくなったので、大学進学を見送った、という意味でしょうか? 失敗には、個人個人の置かれた状況ごとに、いろいろなパターンが考えられます。ただ、何かに躓(つまづ)き、大学進学をしなかったという事実は変わりません。高校三年生の終わりに、大学進学出来なかった、あなたは、どうすればいいのか?やはり、大学に進学すべきなのか?


大学へ行く価値

結論から言えば、今の日本では、大学に進学した方が、「生涯年収」という面から見れば、絶対「大学に進学すべき」です。
大卒で就職した場合の生涯年収は、大卒で無い場合にくらべて、約8,000万円の差があると言われています。大学に進学して、かかる学費などのコストを考慮しても、大学を卒業してから就職した方が、受け取れる給与所得の合計である生涯年収の金額が大きいのです。

@大学に進学せずに、4年間働いたとして年収300万円×4年間=1,200万円。
A学費は、私学で、4年間で450万円ぐらいでしょうか。

もし4年間、大学に行くと、@の所得を失い、さらにAの学費が関わるわけですから、コストは、1,200+450=1,650万円、ということになります。
そのコストを払っても、生涯年収の差が8,000万円と比較すれば、やはり大学に行った方が「お得」ということになります。大学へ進学することは、経済的合理性があるわけです。これを「投資」と考えれば、1,650万円を投資して、8,000万円のリターンがある、とも表現できます。


大学へ行こう!活動報告写真

 生涯年収の面から見れば「絶対大学に進学すべき」ですが、そうは言っても、大学で学ぶコトが、どうも定かではないならば、大学生活は、つまらないものとなりハッピーではないでしょう。

 では、大学で学びたいコト、学ぶべきコトをハッキリさせてから、大学に進学すればいい、ということになります。高校三年生の終わりの段階で、大学で学びたいコトがハッキリしなかった方は、それをハッキリさせてから大学に進学すれば、大学でハッピーな時間を過ごせ、かつ、その大学を卒業し、大卒として就職し、大卒の職業人として、今の日本で大卒が得れる生涯年収を得ることができます。大学を出ると出ないとで、生涯年収で約8,000万円も違うのは非常に大きな金額です。皆さんも、「定年後に2,000万円の資金が必要だ」というニュースを聞かれたかと思います。生涯年収で8,000万円も違うという金額は、このニュースと比べても、あまりにも大きな金額です。大学に行きましょう。


大学編入という道

活動報告写真

 つまり、「大学でやるべきコトを考える時間を得てから大学に進学する」ことを勧めているわけです。え、それって、1年浪人してから大学に進学しろ、って言っているわけじゃん、と感じるかと思います。そうではありません。「大学でやるべきコト」を考えつつ、「根底的な能力」をつける、ことをお勧めしたいのです。ただ単に、予備校で、大学受験のための試験科目対策をして時間を過ごすという道以外に、別の道があるということを提案したいのです。
 別の道? それは、「根底的な能力」をつけつつ、「大学でやるべきコト」を見出し、大学に途中から入る「大学編入」という道です。


contents