本文へスキップ

新しい視点で大学に進学する University Transfer

編入という道report

大学編入という道

4年制大学への入学試験で、うまくいかなかった方の選択肢として、予備校に行くという道以外に、根底知識を学ぶために、専門学校か短期大学に進学し、そこでの2年間で、根底知識、スキルを学びつつ、大卒となるための「大学編入」という道がある、と説明してきました。
大学編入は、大学の3年次から入る、つまり、大学に途中から入学する、という制度です。専門学校または短期大学で2年間学んだ後、大学の3年生として入学し、大学の3年生、4年生の2年間を大学で学び、大学を卒業して大卒となります。大学に編入するための条件は、専門学校または短期大学を卒業見込みか卒業していることが必要です。トータルで考えれば、高校を卒業し、専門学校または短期大学で2年間学び、そのあと、さらに2年間を大学で学び、合計、2+2で4年間の「高等教育」を受けたこととなります。高校までは「中等教育」と呼ばれます。小学校までが初等教育です。


編入は価値がある

根底的スキルを、専門学校または短期大学(2年間)で学び、専門知識を大学に編入して2年間学ぶ、という選択肢です。この根底的知識、スキルを学んでいる2年間の中で、真に、大学で学びたいことを選び取り、大学の学科を決めて、大学の3年次へと編入する「道」です。この大学へ編入するという「道」は、人生において、無駄のない、効率の良い4年間の過ごし型、の一つだと言えます。
何の効率がいいのか?
それは、もし予備校に行って、一浪で、大学の1年生に入学した場合、予備校での1年間に、大学での4年間を加え、合計5年間かかる点からも明らかです。また、質的な面でいえば、予備校で学ぶことは、大学受験テクニックであり、人生における根底的知識、スキルとは、必ずしも一致しません。
人生において、欠けてはいけない、根底的知識、スキル、を学びつつ、大学で何を学ぶべきかを熟考して決めることができる「編入」という選択肢は価値があります。
根本的能力、根底的な知識」については述べました。短期大学や専門学校で開講されている科目群(=カリキュラムと呼びます)をうまく利用して、日本語の抽象的な読解力を高めつつ、TOEICで代表される英語力を高めながら、短期大学や専門学校での実用的、実務的な知識、スキルも体得する学びを2年間続けながら、どのような学科へ3年次編入するかを熟考するわけです。忙しいですが、充実した、大学へ編入するための準備期間になります。


編入のコツ

活動報告写真

ただし、この編入という選択肢を本当に価値あるものにするためには、注意すべきことがあります。
それは、大学に途中から入るわけですから、ミスマッチが許さないということです。
大学に1年生から入学する場合には、望ましいことではありませんが、もし、入学した学科が自分に合わないと感じた時に、同じ大学の他の学科への「転科」という選択が取れますし、別の大学の別の学科への「編入」という選択をすることが出来ます。
しかし、専門学校や短期大学を経て、大学に編入する場合、間違いなく、的確な学科へ編入することが必要です。ミスマッチを感じるような学科に編入してしまうと、残念ながら、編入作戦は失敗したことになってしまいます。「大学で何を中心的に専門的に学びたいのか」、これを明確にしないと、編入作成は成功しません。だからこそ、根底的知識を学ぶ2年間に、何が、みなさんにとって的確な学科となるかを、しっかりと自分に向き合い、決める必要があります。


合う学科を選択する

活動報告写真

では、どうすれば、的確な学科を見出すことができるのでしょうか?
この点が、編入において、とても重要になってきますので、詳しく、説明していきたいと思います。
的確な学科を見出す方法はいくつかありますが、予備校系サイトで紹介されている「性格診断的な方法」は、ここでは採用しません。この性格診断的な方法は、予備校系サイトで、皆さんが利用できますし、今まで利用されてきたかも知れません。「大学で何を中心的に専門的に学びたいのか」、このことについて、自信を持った答えにたどり着くことが、編入試験を突破する原動力となり、編入後の大学生活をハッピーなものにしてくれます。このサイトでは、まず3通りの方法をご紹介していきます。3通りとも試してみることをお勧めします。どの方法も、何度でもできますので、気になるようなら、複数回やってみて、ご自分の考えいる学科が合うか合わないかの検証をしてみてください。3通りとも、お金がほとんどかからないですから、お試しください。


contents